ホーム > 可動堰用ゲート設備

可動堰用ゲート設備

設備の概要

貯水・取水を目的としたゲート設備です。
一般的にローラゲート、または鋼製起伏ゲートが多く採用されています。
設置場所の条件によりゴム引布製起伏ゲート、ラジアルゲートなども採用されています。

ローラゲート設備(1)

城塚水門

設備規模:W11.80m×H3.60m×1門
扉体構造:プレートガータ構造(上段フラップゲート付)
開閉装置:ワイヤロープウィンチ式

ローラゲート設備(2)

沖永水門

設備規模:W18.20m×H2.00m×1門
扉体構造:シェル構造(上段フラップゲート付)
開閉装置:ワイヤロープウィンチ式

ローラゲート設備(3)

農業用水路制水ゲート

設備規模:W5.00m×H3.40m×1門
扉体構造:プレートガータ構造2段式
開閉装置:ラック式(エンジン式)

起伏ゲート設備(1)

鬼五郎堰

設備規模:W19.45m×H1.50m×2門
扉体形式:トルク軸式
駆動部形式:軸ねじり方式
開閉装置:油圧シリンダ駆動方式

起伏ゲート設備(2)

農業用水路 取水ゲート

設備規模:W7.0m×H1.47m×1門
構造形式:引上げ式鋼製起伏ゲート
開閉装置:ワイヤロープウィンチ式

起伏ゲート設備(3)

水崎川可動堰

設備規模:W26.6.m×H1.0m×1門
構造形式:ゴム引布製起伏ゲート
開閉装置:空気式

ラジアルゲート設備

中溝制水門

設備規模:W8.00m×H3.00m×1門
構造形式:ラジアルゲート
開閉装置:油圧シリンダ駆動方式

ISO統合システム

協和製作所では2017年 8月にISO統合システム認証更新しました。
・2015年版(ISO9001)
・2015年版(ISO14001)

詳しい情報はこちら