ホーム > 機能の説明3. 任意操作機能

機能の説明3. 任意操作機能

オートフラップゲートは、任意操作によるゲートの強制開閉作動、および開度保持が可能です。

任意操作は、堤防上の適切な場所に配置された開閉制御装置(制御装置部)での機側操作が基本です。任意操作動力を手動とする場合はハンドル操作、電動とする場合は押釦操作となります。

尚、遠隔監視システム等を活用することもできます。

任意操作試験状況


左:任意操作による強制閉作動試験(上流側水圧に対抗)
右:任意操作による強制開作動試験(下流側水圧に対抗)

任意操作状況

樋管ゲート任意閉操作状況
W 3.10m × H 1.20m × 1式

操作仕様:手動操作

ハンドル操作にて確実にゲートを全閉・全開作動することができます。
制御装置部の開度計によって作動状態を確認することができます。

ISO統合システム

協和製作所では2017年 8月にISO統合システム認証更新しました。
・2015年版(ISO9001)
・2015年版(ISO14001)

詳しい情報はこちら